Q&A 生後間もない赤ちゃんの多くには、一時的に皮膚や白目が黄色味を帯びる黄疸(おうだん)の症状が表れます。これは体内のビリルビンと呼ばれる色素の数値が上昇して皮膚の色が黄色くなるためです。一般的な新生児の黄疸を「生理的黄疸」といいます。これは赤ちゃんがお母さんのお腹の中から娩出され、お腹の外の環境に適応するための生理的な現象で特に治療する必要のないものです。...

続きを読む