産科(産婦人科)に特化した医療過誤・医療ミスの相談は現役医師・弁護士のチームにご相談を
産科医療研究ネット
運営事務所:弁護士法人富永愛法律事務所

Q 赤ちゃんが大きすぎる(巨大児)といわれたら?

2021年10月13日 | 判例・Q&A

Q&A

巨大児とは、見た目には異常がなく、また生まれたときの週数にも関係なく、出生体重が4,000g以上の赤ちゃんのことをいいます(4,500g以上の場合は超巨大児といいます)。

原因としては、遺伝因子と子宮内環境といわれています。巨大児は対称性巨大児と非対称性巨大児の2つに分類されます。対称性巨大児は、お父さんやお母さんの遺伝的な結果で生じるもので、正常な子宮内環境下で発育するタイプで赤ちゃんが大きい以外に異常はみとめられません。非対象性巨大児は、お母さんが糖尿病や妊娠糖尿病など、何らかの糖尿病にかかっている場合が多く、血糖コントロールが万全でないケースに多く起こります。お母さんが高血糖な場合、胎盤を通して多量のブドウ糖が赤ちゃんに移行するため、赤ちゃんは血糖調節のためインスリンホルモンを多量に分泌して、これが体重増加に関係して巨大児になるといわれています。呼吸不全や心臓、肝臓、肺など内臓に腫大が多く見られるため、お母さんに糖尿病がある場合には十分に注意する必要があります。対称性に比べて非対称性の方が高リスクで、新生児に何らかの症状が出やすいことも特徴です。

巨大児の場合、分娩に時間がかかるなどの難産になりやすいだけでなく、会陰裂傷や弛緩出血などの分娩の合併症も起こりやすくなります。また肩甲難産(赤ちゃんの肩がお母さんの骨盤の一部に引っかかってしまって出てきてくれなくなる)も多く起こり、赤ちゃんに鎖骨骨折や腕神経叢損傷なども生じることが多いので、高リスクな出産となります。そのため巨大児であることがわかっていれば事前に帝王切開での分娩を選択することもあります。

巨大児の予防にはお母さんの妊娠中血糖のコントロールが重要で、食事療法や運動も大切です。しかし、お母さんの病状によっては、運動を控える必要があるケースも有るので、主治医の指示に従って糖尿病の管理をする必要があります。